スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシア 覚醒する「未完の大国」 2013.4.8<1> 日経ビジネスの特集記事(2)

日経ビジネスの特集記事(2)

インドネシア 覚醒する「未完の大国」 2013.4.8


 インドネシアと聞いてイメージするのは、

バリ島やジャワ島、パプアニューギニアなど

ではないでしょうか。


 あるいは開発途上国といったところでしょうか。


 今号の日経ビジネスはそんなイメージを払拭する内容です。


 今週の特集記事を読んで2つのキーワードに着目しました。


 「多様性(ダイバーシティ)」と「変質」です。


 まず、多様性についてお話しましょう。


 1人当りGRDP(域内総生産)の比較を見てみましょう。


 首都ジャカルタは1万46ドルですが、

北マルクという地域はわずか570ドルです。

1人当りの格差は、実に17.6倍にもなっています。


 バリは1850ドル、域内で最も人口の多い(4305万人)西ジャワは

1880ドルです。



 ジャカルタ近郊に住む、貸し切り自動車の運転手をしている

ジュンピさん(60歳)の生活実態が紹介されていました。


 ジュンピさんの月収は500万ルピア(5万円)で残業代がついて

600万ルピア~700万ルピア(6万~7万円)になるそうです。


 私が驚いたのは、主食のコメの消費量です。


 ジュンピさんは妻と末っ子の3人(長女と次女は嫁いで

います)で暮らしています。


 3人は3食ともコメで1カ月に50㎏食べるそうです。


 量が多いと思いませんか?


 1人当り1カ月で17㎏ですよ。


 日本人である私たちはこんなにコメを食べていませんよね?


 ちなみに、コメの値段は1㎏当たり8000ルピア(80円)前後と

いうことですから、月40万ルピア(4000円)です。


 ジュンピさんの家には、薄型テレビも冷蔵庫もインターネットに

接続できるパソコンもあります。


 冷蔵庫には「ポカリスエット」や「ヤクルト」が冷やしてあります。


 これで、インドネシアでは「中の下」くらいの生活水準だそうです。



 次回では、インドネシアへの先入観についてご説明します。



★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 


スポンサード・リンク














 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
516位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
134位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。