スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誌上対決 ロボットVS職人社長 2013.8.12・19<3> 日経ビジネスの特集記事(19)

日経ビジネスの特集記事(19)

誌上対決 ロボットVS職人社長 2013.8.12・19

俺の仕事は消えない

前回はSF的な予測でありながら、ロボット化に

よって人間が行なってきた仕事が減っている

現実を見てきました。

最終回は、5つの誌上対決でロボットVS職人社長

でどちらが勝利するかお伝えします。

また、「30年後も食える仕事」についても

ご紹介します。


第1試合 ラーメン作り対決

博多一風堂創業者 河原成美氏 VS 麺茹でロボット

麺茹でロボットにはできない3つのポイント

1 茹で時間の調節

2 スープ作り

3 湯切り


米コンサルティング会社、A.T.カーニーの梅澤高明・

日本代表は次のように説明しています。

「どんな作業もデータ化、論理化できれば

AI(人工知能)」による代行が可能になる。逆に、

論理化できないものは自動化が難しい。」



判定人を務めるラーメン評論家の石神秀幸氏も、

職人有利の判定人を下しました。

「麺茹で時間の調整は、今後機械が進化すれば

無人化の可能性はある。だが、麺と同様にラーメン

の味を左右するスープ作りは、数十年後も人間で

ないと無理。湯切りの完全な機械化が難しいのは

言うまでもない。」



博多一風堂創業者 河原成美氏の勝利


第2試合 ホテル運営対決

星野リゾート社長 星野佳路氏 VS 全自動ホテル

全自動ホテルにはできない2つのポイント

1 顧客の顔色をうかがう

2 自然な笑顔


星野社長が追求するのは、心配りの行き届いた、

日本ならではのホスピタリティーだ。



「不気味な谷」という現象

ロボット工学の第一人者、東京工業大学の森政弘・

名誉教授が1970年に提唱したものです。

「人型ロボットに対し人はリアルになればなるほど

親近感を高めるが、一定以上、人間に近づくと、

逆に不気味に感じるようになる。

人に不快感を与えないアンドロイドを作るためには、

人間と100%同じ表情、動きをするマシンを開発

する必要がある」という主張だ。



星野リゾート社長 星野佳路氏の勝利


第3試合 投資対決

ロジャーズホールディングス会長 ジム・ロジャーズ氏

VS 自動投資ソフト


投資ロボットにはできない3つのポイント

1 割安銘柄の発掘

2 “前代未聞”への挑戦

3 第六感での売買


金融問題に詳しい野村総合研究所・未来開発センターの

大崎貞和・主席研究員は次のように結論を下しています。

「決められたことしかできないコンピューターに対し、

人間は複雑な事象を組み合わせて、株価を評価

したり、突発的事態に対応したりできる。

特定の分野で投資の自動化は進んでいくが、

すべてのトレーダーが淘汰されるわけではない」。



ロジャーズホールディングス会長 ジム・ロジャーズ氏の勝利


セミファイナル 宮大工対決

鵤(いかるが)工舎創設者 小川三夫氏 VS 大工ロボット

大工ロボットにはできない2つのポイント

1 木の癖を読む

2 人間の錯覚の計算


建設ロボットに詳しい芝浦工業大学の油田信一・

特任教授はこのように言っています。

「莫大なコストをかければ、将来的に、例えば目の錯覚

の矯正などは自動プログラムで対応できるかもしれない。

だが、神社仏閣といった限定市場向けにそれだけの予算

を投じ、自動システムを開発する企業、技術者はまず

現れない。その意味で50年後も宮大工の技術は生き残る」



鵤(いかるが)工舎創設者 小川三夫氏の勝利


メーンイベント 実演販売対決

ジャパネットたかた社長 高田明氏 VS ビッグデータ

&司会ロボ
ビッグデータ+ロボットにできない3つのポイント

1 新たなヒット商品の発掘

2 潜在的魅力の発見

3 顧客を引きつける話し方


日経ビジネスは次ように述べています。

近い将来、高田社長以上に正確で流暢な商品

説明をする司会ロボが現れる可能性は高い。

だが、「目の前に存在しない相手を心に映す」

などという、ごく限られた人間にしかできない芸当を

アンドロイドができるようになるのは、はるか未来の

話となるだろう。



ジャパネットたかた社長 高田明氏の勝利


ロボットVS職人社長 5番勝負は、職人社長の

5戦全勝で幕を閉じました。



30年後も食える仕事

日経ビジネスは、5番勝負の結果から見えた

「数十年後も人間の手に残る仕事」を

まとめています。

4つに分類しています。

Ⅰ ロボットによる代替が難しい仕事

Ⅱ 自動化のニーズがない仕事

Ⅲ 機械化社会の維持に必要な仕事

Ⅳ ロボットにやってほしくない仕事


それぞれの例を2~3挙げます。

Ⅰ ロボットによる代替が難しい仕事

映画監督 医師 作家


Ⅱ 自動化のニーズがない仕事

経営者 政治家 プロスポーツ選手


Ⅲ 機械化社会の維持に必要な仕事

コンピューター技術者 ロボット技術者


Ⅳ ロボットにやってほしくない仕事

看護師 俳優 スポーツインストラクター


日経ビジネスは最後に次のように述べています。

個人は、どんな職業であれ、機械化されない

スキルをひたすら磨くしかない。




今回の特集記事を読んで、私が考えたのは、

「暗黙知」と「形式知」の違いです。

経験に裏打ちされた技術(暗黙知)は、

マニュアル化(形式知)しにくいので、

ロボット化は困難なのではないか、

ということです。


どんなに詳細なマニュアルを作成しても、

すべての状況に対応することはできません。

規定されていないことはできない、ということ

になります。

現実には、「想定外」のことは必ず起こります。

しかし、経験則を無視してはならないのです。


「ハインリッヒの法則」を考えてみましょう。

1つの大きな事故が起きる背後には、29の

かすり傷程度の事故があり、その背後には

300のヒヤリとした経験がある、というものです。

これは経験則です。そうしたことにどう対応する

のかは人間が自ら考えることです。


話は戻りますが、マニュアル化できないことでも

大原則が書かれた「クレド」の使い方次第では、

柔軟に対処できるのでは、と思います。

リッツ・カールトンホテルなどで実施されている

「クレド」には具体的なことは書かれていません。

個人個人がその都度、自分で判断し行動する

ことを求めています。

そして、企業はそのことを奨励するために支援

しています。

そうした顧客への「おもてなし」(ホスピタリティー)を
第一に考え、実践する

ための労使の信頼関係を築くことが大切だ、

と思いました。



 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク





















関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
78位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。