スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それをやったら「ブラック企業」今どきの若手の鍛え方 2013.4.15<1> 日経ビジネスの特集記事(3)

<このページでは、『日経ビジネス』の特集記事の
概要紹介と、管理人のコメントを掲載しています>



日経ビジネスの特集記事(3)

それをやったら「ブラック企業」
今どきの若手の鍛え方

2013.4.15


ブラック企業

「ブラック企業」という言葉をこの頃、よく耳にする
ようになりました。

「ブラック企業」というと、暴力団絡みの企業や法律に
抵触する所業を行う企業を思い浮かべることでしょう。

ところが、最近言われる「ブラック企業」は、東証1部
上場企業であったり、テレビCMなどで馴染みがある
有名企業であったりします。

日経ビジネス(2013.4.15号)は、「ブラック企業」に
ついて次のように書いています。

<今では、労務管理に違法性がある会社はもちろん、
厳しい社員教育や猛烈営業をモットーとするスパルタ系
企業や、若者の目に「時代遅れ」に映る古い体質の企業
までがブラック呼ばわりされる時代になってきた>

日経ビジネスは、「ブラック企業」を企業側から見て、
いかにして「ブラック企業」と呼ばれないようにするか、
という対策を提案しています。

「ブラック企業」と呼ばれ始めたのは、十数年前から
だそうです。

今では、ツイッターや2ch(チャンネル)などを用い、
「ブラック企業就職偏差値ランキング」なるものに
投稿するご時世です。しかも、そこには企業が実名で
掲載されているということです。

「ブラック企業就職偏差値ランキング」を調べてみました。

結果は → ブラック企業就職偏差値ランキング

2ch(チャンネル)に投稿されたデータを元に集計した、
ということになっています。

これが正しいということは言えません。しかし、こうした
ランキングに実名企業が掲載され、悪いイメージを持たれる
ことはマイナスにはなってもプラスにはなりません。

「ネットの悪評は企業の想像以上に、人材確保に打撃を
与えている」と、就職活動支援サービスを手がける内定塾の
講師、川尻早貴氏は警告しています。

さらに、「ブラック企業大賞」を開催するブラック企業大賞
企画委員会なる団体が存在します。メンバーは法政大学教授
の水島宏明氏や弁護士の佐々木尭などで構成され、今年6月
にも”表彰式”を開催する予定です。

こうなると、学生だけの”お遊び”ではなくなっているのが
実情です。


「悪い噂」の元を断つには

日経ビジネスは、

①対学生編

②対社員編

③対出入り業者編


の3つに分けて提案しています。


①対学生編

ここでポイントとなるのは、「圧迫面接」をやめることである、
と指摘しています。

圧迫面接というのは、「威嚇や無視、反論などで理不尽な状況
に面接参加者を追い詰めることにより、通常の面接では察し
きれない素顔や人柄を把握する効果があるとされる」面接です。

この説明で思い起こされるのは、被疑者に容疑を自白させる
ために取調室という密室の中でつい最近まで行われていたこと
です。

目的のためには手段を選ばない、というマキャベリズムが横行
していたのです。

それと同様なことを企業が行なっていたとは、驚愕すべき事実
です。

あくまで一部の企業ですが。


②対社員編

ここでポイントとなるのは、とにかく対話の数を増やし、
言葉の言い換えをして若者を萎縮させないことだ、と指摘して
います。

若者に限らず、存在を無視されることは心の痛手になることは
間違いありません。

心のケアまで考慮しなくてはならないのです。


③対出入り業者編

ここでポイントとなるのは、”ブラック”的な振る舞いを
やめることにつきます。

「下請業者など会社に出入りする外部の人間は、社員が思う
以上に取引先の内部事情に目を配っている」ことを忘れては
なりません。

日経ビジネスは、次のようにも書いています。

<「ブラック呼ばわりされないために接し方をソフトに変える
ことは必要。

だが一方で彼らをとことん鍛え上げねば会社に未来はない」。
それが今回取材した専門家の共通の認識でもある。>


次回は、どのように教育していくべきか、を取り上げます。





記事が面白かったら
ポチッとして下さい。
藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ-人気のブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
398位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
98位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。