スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のトップ大学 「東大」は生き残れるか 2013.10.14<3> 日経ビジネスの特集記事(27)

日経ビジネスの特集記事(27)

世界のトップ大学 「東大」は生き残れるか 2013.10.14

前回は、MOOCとアジアの新興勢力について

お伝えしました。


「トップ奪取」は可能

学生編「情熱ある教育」を受けたい

国内エリート校を蹴り、米トップ大学への進学を

選んだ学生たちのナマの声です。

「英語力アップも動機1つでしたが、それ以上に

学生も教授も必死に学んでいるという環境に身を

置いて勉強をしたかった」。

(男子 東京大学→米プリンストン大学)


「寮生活で受ける刺激が何より大きい。学部生は

全員4年間、寮生活を送る。週7日、24時間生活を

共にする意味は大きく、様々な人との出会いが

あります」。

(男子 一橋大学→米ハーバード大学)


「日本の大学を知らないのですが、授業の密度が

濃い。エール大は10人程度の少数授業が多く、

そういう授業の人気が高い」。

(女子 中高一貫校→米エール大学)


「待っているだけでは何も変わらない。必要なら

行動を起こす。ここが自分が最も成長した部分

だと思います」。

(男子 東京大学→米ブラウン大学)

(PP.52-53)



教授編 改革のカギは「旧制高校」にあり

次に、アメリカの大学で教鞭を執る2人の教授の

情熱的な提言をお聞きください。

竹内 弘高・米ハーバード大学経営大学院教授

欧米の大学では原書に接して、それを批判的な

目で見て議論する。『自分で考える』という教育

の重要な点に関して大きな違いがある。

大学という『場』を通じてどういう人間を育てる

かが見えない。

ハーバード大学ビジネススクールは、企業で活躍

できる人材を輩出するための場だ。




西 義雄・米スタンフォード大学教授

私の場合、米マサチューセッツ工科大学、ハーバー

ド大学、カリフォルニア大学バークレー校ほか英、仏

の有力大学教授、十数人と比べて私の実績がどう

だったかという判断が毎年下だされる。

世界に優秀な学生が集ってくることが米国の大学の

強みだが、日本も海外からの学生を集めたければ、

教員を世界から公募すべきだ。

大学で学んだことが世界で使えるようになるには、

英語で学ぶのが早道。旧制高校では海外の原書を

使って学んでいたわけだから。100年前にできたこと

ができないはずがない。できないのではなく、

やりたくないということだろう。



(PP.54-55)



経営者編 教授も学生も「起業家精神」持て

最後に、2人の経営者に日本と外国の大学の違いについて、

語ってもらいましょう。

北城 恪太郎・日本IBM相談役

社会人の基礎力の育成に、大学があまり役に立っていない。

一番重要なのは経営意識をしっかり持つことだ。

トップ自らがビジョンを描き、改革案を持って教授会など

全体を牽引する存在であるべきである。





岩瀬 大輔・ライフネット生命保険社長兼COO(最高執行責任者)

米国の大学教育では、企業や社会変革に挑戦することが

素晴らしいという意識が醸成される。また、「自分が社会

でどのような役割を果たすべきか」」といったキャリア論

についても考えさせてくれる。

経営者として大学に求めたいのは、学生にもっときちんと

勉強させると言う点だ。人生のある時期にしっかりと

「知」に向きあう経験は大事。



(PP.56-57)


いかがでしたでしょうか?

学生や教授、経営者にも共通する点は、

皆高いモチベーションを持ち続け、

向上心が旺盛だということです。


形は違っても、私も登場した人たちの考え方を

手本にしたいものだ、と強く思いました。




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
588位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
146位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。