スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 日本の革新者たち 世界を変える突破力 2013.11.11<2>

日経ビジネスの特集記事(31)

2013年 日本の革新者たち 世界を変える突破力
2013.11.11



今年のノーベル賞受賞者に、残念ながら、

日本人はいませんでした。しかしながら、ノーベル賞を

受賞しても不思議ではない研究者や技術者は、日本には

たくさんいます。


日本国民には、あまり名を知られていませんが、世界的に

知られた業績を残している研究者や技術者はいます。


東京工業大学教授の細野秀雄さんはそうした研究者の一人

です。材料分野で世界を驚かせる業績を残しています。


もう一人は、超電導ケーブルで電車を走らせたいと、

日夜、研究に勤しんでいる鉄道総合技術研究所 超電導応用

研究室長の富田優さんです。



PART2 ケタ違い技術を実現する執念

細野秀雄 東京工業大学教授
サムスンが脱帽した
ディスプレー技術


シャープのIGZO(イグゾー)と呼ばれる表示方式を

見聞きした人がいることでしょう。このIGZOの生みの親が

細野さんです。日経ビジネスは次のように伝えています。

省電力化のカギとなる技術が、

液晶ディスプレーで主流の表示方式の

TFTに使われた「IGZO(イグゾー)と呼ば

れる酸化物半導体だ。IGZOは、インジウ

ム、ガリウム、亜鉛から成る酸化物。

このIGZOの“生みの親”が細野だ。」

 (P.39)

IGZOの応用分野は広いそうです。

例えば――

IGZOの応用分野は、液晶に

とどまらない。次世代てれびの本命と

目される有機EL(エレクトロ・ルミネッ

センス)を実現する技術としても期待

されている。

 (P.39)

細野さんの基本スタンスは「流行っている材料はやらない」

ことだそうです。「誰も挑戦しない分野でこそ革新を生み

出せると信じ」ているからです。


IGZOだけでなく、鉄を主成分とする高温超電導物質の開発を

2008年に行なっているということです。


細野さんは今年9月に60歳の還暦を迎えられたそうですが、

「やりたいことは尽きない」と、ますます意欲を燃やして

います。

そのうち、また凄い材料が開発されるかもしれません。



SPring-8 東京工業大学 細野秀雄先生インタビュー
埋め込みが認められていないため、URLを貼り付けました。

http://www.youtube.com/watch?v=qndnTsPgvuo




富田優 鉄道総合技術研究所
超伝導応用研究室長
夢の超電導で
電車を走らせる


日本の新幹線の安全性は世界的に知られています。

2年目の東日本大震災の際にも、脱線することはなく、

その安全性が確認されました。


超電導によるリニアモーター新幹線の開通予定は、

2027年となっています。実験走行が始まったのは

1997年ですから、足かけ30年になります。


東京オリンピックが開催されるのは、2020年です。

7年前倒しにして、一部開通している東京、山梨間

だけでも試乗させることができれば、さらに多くの

訪日客が見込める、とソロバンをはじく関係者が

います。


そうした動きとは関係なく、富田さんは超電導磁石

の開発、米マサチューセッツ工科大学(MIT)への留学

と、超電導の世界にのめり込んでいったそうです。


富田さんはリニアモーター新幹線の開発とは、別の

ところで研究に従事しています。

超電導ケーブルで電車を走らせるというのが、富田

さんはテーマなのです。

今年7月、富田とチームの仲間、

報道陣が見守る中で、超電導ケーブルで

送電した電車が走った。世界初の実証実験

となったこの時のケーブル長は31m。

富田の目は次に向いていた。「もっと長い

距離で実用に耐えると示さなければ」。

 (P.45)

日本の鉄道の全長は2万7000kmに上るそうです。

年内に始める310mの実証実験

でもまだまだ短い。5年以内にどこかの路線の

電線を超電導ケーブルに置き換えたい。その

電車に揺られる日こそ、富田の本当のゴールだ。

 (P.45)

研究者の地道な研究(種)が、やがて大きな成果(果実)に

結びつくのでしょう。そこに至るには、多くの失敗を

経験すると思いますが。

多くの失敗は決して無駄ではなく、財産なのです。


リニア、静けさと騒音と 時速500キロで見えたもの




次回は、「PART3 世界の困難を救う情熱的」と

「イノベーション生む5つの力」

についてお伝えします。




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。







★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
96位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。